クリアー・カット・ドロップのコンビネーション〜シングルス編〜バドミントン上達革命

クリアー・カット・ドロップのコンビネーション〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『クリアー・カット・ドロップのコンビネーション』のセクションです。より実践的なラリーを作る練習です。アタック以外のストロークを使ったコンビネーションを習得します。

 

クリアー・カット・ドロップのコンビネーション〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

クリアー・カット・ドロップのコンビネーションの概要

 

ラリーを作る上のより実践的な力を養う練習方法です。1人:2人で練習します。1人はクリアー・カットをしっかり打ち分けます。もう一方2人はオールロングでラリーを作っていく練習です。1人は良い体勢で入って打点を落とさない事です。また、カット・クリアーは同じポイントへ2度攻めを意識します。全てリアコートに返ってくるのですが、常にオールコートに対応できる姿勢を作ります。

 

より実践に近いラリーの練習です。クリアー・カット・ネット・ロビングのようにアタック以外のストロークを使ったフリー形式のラリーの練習です。先ほど同様1に負荷を掛ける為に2:1でラリーをします。1は常に相手よりも良い体勢になるように心掛けます。崩された時や押された時は高さを出して返球して時間を作ります。

 

とても負荷のかかる練習になるので、時間を決めて練習して下さい。初めは短めの時間で、徐々に増やしていくようにしましょう。

 

リアコートからのクリアーを打つポイントです。バドミントンは高い打点で打てと言われますが、実は高すぎると力が入りません。本来、バドミントンで力強いストロークを打つためには、ラケットの面は身体からやや離れ、肩が使えるように肘を曲げ、打点はやや前方になるのです。また、オールコートをカバーする為には体をできるだけコート内に留めるようにします。打点が高ければいいのではなく、自分が力が入る場所を打点とします。

 

クリアー・カット・ドロップのコンビネーション〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

クリアー・カット・ドロップのコンビネーションのレビュー

 

ここまで来るとラリーに関してはかなり実践的な技術の習得になりますね。個々の技術の練習を積み重ねた上で、コンビ−ションの技術を練習する事で、ミスの少ない選手になる事は当然ですよね。しかし、実際にここまで考えられた練習している学校はほとんど無いでしょう。やっぱりトップクラスの学校は練習の質が違いますね。

 

あと、『クリアー・カット・ドロップのコンビネーション』のセクションでは基本的なストロークの説明もしています。これを聞くと、指導者はバドミントンの指導での勘違いに気が付くかもしれません。当然と言えば当然ですが、かなり重要な事を言っています。

page top