カット・ドロップでラリーを作る〜シングルス編〜バドミントン上達革命

カット・ドロップでラリーを作る〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『カット・ドロップでラリーを作る』のセクションです。相手のフロントに返す練習ですが、フロントとリアコートへの効果的な打ち分け技術も練習しています。

 

カット・ドロップでラリーを作る〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

カット・ドロップでラリーを作るの概要

 

前セクションでは、自陣のフロントコートとリアコートからクリアロブで相手のリアコートに返す練習をしましたが、次はカットやドロップで相手フロントコートに返す練習です。てショートで返す練習です。これは相手を前に引きだしたり、前を警戒させるためにも非常に重要となってきます。

 

1、相手のフォア側フロントへ返す練習です。リアコートから入る時にクリアーも打てる体勢で入る事が大切です。そして、ネット前は極力早いタッチをします。時折緩いカットも入れてみます。自分の時間を作ることを意識します。

 

リアコートから打つ場合はクリアーとカットを悟られないように肘を上げたテイクバックを作ることが重要となります。更にカットとドロップのスピードを調整する事が大切です。また、この練習では振られている側だけでなく、振っている側も内訳の練習にもなります。常に双方の練習になると意識して取り組んで下さい。

 

2、相手のバック側フロントへ返す練習です。ポイントはフォア側と同じです。実践では攻めるきっかけを探る事に繋がるので、常に良い体勢で入って打てるように練習をします。

 

3、応用として、同じような体勢で入ってネット際とロビングを打ち分ける練習です。相手を前後に崩す練習になります。ここではロブの高さ・深さの精度が重要になります。

 

カット・ドロップでラリーを作る〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

カット・ドロップでラリーを作るのレビュー

 

シッカリとリアコートに返す技術と、フロントコートに変え技術を習得する事で、リアとフロントへの内訳がより一側効果的になります。これまで、漠然と練習してきた選手は今一度見直して、これらの練習を取り入れると良いですね。

 

練習量が多くても思うように勝てない選手はこの辺の技術の差ではないかなと思います。リアコートへの返球、フロントコートへの返球、良い体勢で入って同じフォームからの内訳をしっかり練習するだけで、いきなり強くなるのではないでしょうか。

page top