攻める-オールコートでの実践〜シングルス編〜バドミントン上達革命

攻める-オールコートでの実践〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『攻める-オールコートでの実践』のセクションです。攻めに関しての応用のセクションで強度の高い練習ドリルが紹介されています。

 

攻める-オールコートでの実践〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

オールコートでの実践の概要

 

攻めの応用編に入ります。前後・左右そしてネット前、これらを総合して練習していきます。ネット前で主導権を握れるか、リアから良い体勢で入っているかを練習します。ここでも1:2での練習です。

 

1つルールですが、1:2の1はショートサーブから入ります。ロングサーブは相手に攻め口を見つけられてしまうのでショートサーブから入りリターンをいかに早く触っていけるか。1:2での練習なので、決まらない前提でプレーして単発な攻めにしない事が大切です。

 

ポイントはネット前に早く入って攻めを維持する事です。また早く入ることで左右を意識させます。1:2で練習を重ねると、1:1になった時に攻めやすく感じます。とても強度が高いレベルの対練習ですが、試合で苦しい時に必ず効果が表れます。

 

攻める-オールコートでの実践〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

オールコートでの実践のレビュー

 

まさに攻めの応用編と言う事で、1:2での練習が紹介されています。見ているだけでも大変そうですが、この練習ドリルを繰り返して実践すれば、強くならない訳がありませんよね。非常にレベルの高い練習だと思います。

 

ただ、1:2の両方共に個々がある程度のレベルにないと成り立たない練習だとも思うので、まずはこのドリルまでの前後と左右のドリルで技術をしっかり磨いた方が良いと思います。しかし、実践している埼玉栄の選手は凄いですね。見ているだけでも凄さが良くわかります。

page top