ネット前から攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

ネット前から攻める〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『ネット前から攻める』のセクションです。前後・左右の練習の次はネット前の攻めです。バドミントンで超重要なネット前の攻めの解説です。

 

ネット前から攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

ネット前から攻めるの概要

 

ここまで前後と左右からの攻めを練習してきました。ネット前でいかに相手の体勢を崩すかという事も大切です。ここではオールショートで返していきます。リアコートはカット・ドロップで繋ぎネット前は変化を付けていく練習です。

 

変化をつける中でロビングを打つ際に内側へ打ちますが、実は外的要因も考慮しています。外的要因とは体育館のエアコンの風や人が通った時の空気の流れなどです。ちょっとした要因でシャトルは影響を受けてしまうので、影響を受けてもミスにならないように安全マージンを内側に考慮して打っています。

 

狙いとしては左右のキワではなく、高さを間違えない事です。相手のラケットが届かないところを通します。また、相手のリアコートの何処に届いているのかを意識します。

 

次は練習の強度を上げて、2:1の練習です。スマッシュはカットスマッシュ等スピードを殺して打ちます。そして、ネット前での攻めに入ります。

 

ネットを制するものはバドミントンを制するの話。ネット前でヘアピンを打つ前に面をあらかじめ準備しておきます。安定して打つことができます。インパクトのポイントは、スイートスポット外した所から面を斜めに使うイメージで打ちます。インパクト時間を長くするイメージです。

 

ネット前から攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

ネット前から攻めるのレビュー

 

ネットを制する者はバドミントンを制する。の言葉通り、ネット前の攻めのセクションです。練習はやっている事の意味は分かりますが、とても複雑に感じました。これは、ノックする方もされる方も練習を重ねないと、雑になってしまいそうです。とても重要なプレーなので、丁寧に習得する必要がありそうです。

 

あと、セクションの後半で、ネット際の技術についての解説があります。おまけのように解説されていますが、すごく有効な技術だと思います。ネット前の攻めは戦術眼の洗練も必要だと感じました。

page top