カウンタースマッシュで攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

カウンタースマッシュで攻める〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『カウンタースマッシュで攻める』のセクションです。前後に続いて左右のスマッシュの練習です。より実践的な練習方法を解説しています。

 

カウンタースマッシュで攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

カウンタースマッシュで攻めるの概要

 

前後動きから攻めの次は、サイドの動きからの攻めの練習です。右側フォアへ飛びついて打つ場合、移動する側の右足で踏みきって飛びつきます。ラウンド側は左足で踏み切って飛びつきます。

 

飛びついた後は動きを変えることができません。そのため、飛びついた後はラケットを準備して、振り下ろすだけという状態にします。これが安定したスマッシュを打つポイントとなります。

 

次により実践的な攻めの動きの練習です。カットを打った後、サイドに移動してスマッシュの練習です。ここではカットを打った後君たーを狙うポイントを持つ事です。

 

ここでは2人で行う練習を紹介しています。スマッシュを打った後は移動して高いポイントでネットに落とします。この練習は攻めの切り口として実践で大きな意味を持ちます。

 

次にノック形式から1:2のラリー形式の練習です。難しい練習ですが、効果は絶大なので是非取り組んでください。スピードの変化を意識しましょう。

 

強いスマッシュを打つコツは、ドアノブを回す動作で抑えに行く事です。スマッシュの時にジャンプするのは有効か?は、足を付いた方が強いスマッシュが打てます。しかしジャンプする事によって打点が高くなり角度をつけることができます。また、体重移動で落ち際の体重移動を利用できるメリットがあります。

 

カウンタースマッシュで攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

カウンタースマッシュで攻めるのレビュー

 

『カウンタースマッシュで攻める』では、結構複雑なドリルを紹介しています。これらの練習方法はすべて理由があって、ノックを出す人は当然ですが、受ける選手もシッカリ意図を理解していないといけませんね。これらのドリルをしっかり反復練習する事によって、試合で自然と身体が動く状態になると思います。

 

セクションの後半で、『強いスマッシュを打つコツ』『スマッシュの時にジャンプするのは有効か?』について分かりやすく解説しています。『バドミントン上達革命』はレベルの高い教材なので、このような基礎的な解説が入るとブレイクタイムって感じですね。

page top