前後の動きから攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

前後の動きから攻める〜シングルス編〜

バドミントン上達革命『前後の動きから攻める』のセクションです。スマッシュの攻めの解説に入ります。まずは前後の動きからの攻めです。

 

前後の動きから攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

前後の動きから攻めるの概要

 

前後の動きをノック形式で練習します。リアコートはスマッシュ、ネット際ではヘアピンを打つ練習です。ポイントはネットを打った際はプレイングセンターにシッカリともどる事です。また、スマッシュ後はすぐにリターンが返ってくるので、スマッシュ後は最短でシャトルへ行きます。

 

このノックは動きとしては3角形が理想になります。リアコートは打たれてから動くようにしてください。打たれる前から先回りして動く事は悪い癖になってしまいます。あくまで実践イメージです。

 

フロントコートで打った後、プレイングセンターへ戻った時にいつでもリアコートへ移動できる形づくりが重要です。単純に前後を動くだけではなく、ノックは前後に1本ずつではなく、回数をランダムにします。フォアサイドでは、スマッシュは2種類打ち分けの練習もできます。

 

ノックではなく、打ち合いの中での練習です。より実践を意識した練習になります。スマッシュのコースはサイドラインと並行にあるように打ちます。この事によって、よりミスの少ないスマッシュが打てます。

 

前後の動きから攻める〜シングルス編〜バドミントン上達革命

 

前後の動きから攻めるのレビュー

 

前後の動きからのスマッシュの練習ですが、スマッシュ自体よりもより実践を意識した動きがいかに大切かが分かりました。その為にノックの出し方も重要ですよね。ただ前後に動けばいい問うものでもないので、動きについては常に意識が必要です。

 

また、スマッシュのコースについての説明がありましたが、ミスを減らすためにはとても重要な事ですね。この練習を繰り返す事で、試合でも自然に動けるようになるでしょう。スマッシュもミスの少ないコースへの打ち分けも可能になるでしょう。そりゃ、強くなりますよね。納得です。

page top